メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夕感!

旅の扉はブックカバー 読書家=歴史文化好き 自治体、観光PR

各地の自治体が製作したブックカバー(手前が大分県杵築市、真ん中左から北海道・北東北、福井県、東京都台東区、上の2枚は福井県)

 書店で本を購入した際に無料で付けてもらえるブックカバーを使って観光をPRする自治体が増えている。文庫本用のオリジナルカバーに写真やイラスト入りの観光名所などを載せるのが一般的だ。読書離れが進むインターネット全盛の時代に、あえて紙の本に目を付けた自治体の狙いとは?【下原知広】

 淡いピンク地のグラデーションに赤や黄色の梅の花。大分県杵築市が今月、福岡市や北九州市の大型書店や図書館の協力を得て2500枚配ったブックカバーは着物の柄をイメージした。

 「九州の小京都」とも呼ばれる城下町の杵築市は、京都のNPOから「きものが似合う歴史的町並み」にも認…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1187文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]