メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

ラオスの潜在性=西川恵

 <kin-gon>

 インドシナ半島のラオスを1週間回った。5カ国(中国、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー)に囲まれた内陸国で人口650万、面積は日本の本州とほぼ同じ。大きな国際会議でもないと注目されないが、現地で取材するとなかなかの存在感だ。

 ラオスはベトナムを「特別の関係」と位置づけ、緊密な協力関係にある。歴史的にも近しく、北ベトナムが1975年4月に「南」を武力統一すると、ラオスでも4カ月後に社会主義政権が誕生した。80年代半ば、ベトナムが改革開放、市場経済政策を採用すると、ラオスも程なく追随。ベトナムを兄として数歩後ろをついていっている。

 産業、社会基盤、教育などはベトナムより遅れているが、これは19世紀以降の仏植民地政策にある。仏はラ…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文1014文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  4. 性的暴行 男子高生に 容疑でマッサージ師逮捕 菊池署 /熊本
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]