メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

ドル安容認姿勢 貿易赤字削減に意欲

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日に議会に提出した大統領経済報告で、貿易赤字の削減に意欲を示し、輸出に有利なドル安を容認する姿勢をにじませた。長期的には「強いドル」が国益になるとの考えとみられるが、トランプ氏がドル安誘導を狙い再び為替市場に「口先介入」する可能性は否定できない。

 報告は「貿易収支の不均衡を是正する一つの重要な手法は為替相場の調整」と指摘…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです