メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

静岡 地域に根差す津波対策

 1976年に東海地震説が発表されて以降、静岡県は防潮堤整備などによって地震・津波対策に取り組んできた。2011年の東日本大震災後は、南海トラフ地震への懸念から、既存の防潮堤のかさ上げや延伸を進めている。一方、観光や漁業が主産業の伊豆半島では、景観悪化などを理由に一部で整備しない方針で議論が進む。「地域の特性を踏まえた津波対策」を掲げる県は、こうした状況から13年に策定した10カ年計画を改定し、防潮堤の整備目標を引き下げた。

 「厳しい財政状況を踏まえつつ、地域に合った対策に改める」。今年1月、県の幹部職員を集めた会議で、減…

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1582文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. 西日本豪雨 不明の犬1匹を保護 福岡
  4. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]