メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(16)映画「ビッグ・シック」。実話を映画にした夫婦に聞く

共同で脚本を書いたクメイル・ナンジアニさん(右)と妻エミリー・ゴードンさん=米ロサンゼルスで2018年2月19日、長野宏美撮影

 パキスタン生まれでコメディアンのクメイルと、保守的な米南部出身で心理学を学ぶ大学院生の白人女性エミリー。異文化の中で育ったカップルの実話を基にした米映画「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」が今月23日から、日本で公開されている。トランプ大統領の誕生で米社会の分断が広がる中、タイムリーな作品として評判を呼んだ。脚本を共同で書き、3月4日発表のアカデミー賞の脚本賞候補にもなったクメイル・ナンジアニさん(39)と妻エミリー・ゴードンさん(38)にロサンゼルスでインタビューした。【ロサンゼルス長野宏美】

 クメイルの両親は厳格なイスラム教徒で、同郷の花嫁しか認めない。両親に逆らえず、お見合いを続けていた…

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 時代の風 訪日外国人3000万人突破 増えた来客、閉じる視野=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです