メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史散歩・時の手枕

北野天満宮(京都市上京区) 宝刀に梅にと老若男女

本殿に手を合わせる人々=京都市上京区の北野天満宮で、玉木達也撮影

 受験シーズン真っただ中、学問の神様、菅原道真(みちざね)を祭神とする北野天満宮(京都市上京区)では最後の「一押し」とばかり、本殿で手を合わせる若者の姿が目立つ。一方、境内では梅が咲き始め、宝物殿ではアニメなどで人気の太刀の展示も。これらが目当ての老若男女も集い、幅広い層に信仰される「天神さん」らしいにぎわいをみせている。

 北野天満宮は、平安時代中ごろの947(天暦元)年に創建された。道真(845~903)を祭ったのが始…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1344文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]