メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

2世誕生へ、げんき再び 雌が誤射死、同じ電柱に巣 島根

電柱の上で巣作りを始めたコウノトリの「げんきくん」(上)と「ポンスニ」=島根県雲南市で2018年2月23日、山田英之撮影

 島根県雲南市で昨年5月、地元ハンターの誤射でペアの雌鳥を失った国の特別天然記念物・コウノトリの雄鳥が、昨年と同じ電柱の上に枝を運んで巣作りをしている。別の雌鳥への求愛のような行動もみられ、地元の人たちは「新たなペアになって今春もひなを誕生させてほしい」と期待を寄せる。

 雄鳥の愛称は「げんきくん」。誤射の後、雲南市を一時離れたが、昨年11月から再び姿を現すようになった。兵庫県豊岡市の研究機関「県立コウノトリの郷(さと)公園」によると、げんきくんの巣に姿を見せている雌鳥は2012年に豊岡市で生まれ、飛来先の韓国で「ポンスニ」の愛称で呼ばれている。

 地元住民によると、げんきくんが枝を運ぶ姿は今月19日から目撃され、22日以降、交尾しようとする仕草…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文736文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測
  3. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです