メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 富岡-浪江間7割除染 JR東日本、常磐線復旧工事進む /福島

福島第1原発事故直後に空間放射線量が高かった大野駅北側の区間も除染を終え、線路の敷設工事が進む=大熊町下野上で16日

 JR東日本は、2020年3月末までの全線再開を目指す常磐線富岡-浪江間(20・8キロ)の復旧工事現場を報道陣に公開した。東日本大震災と福島第1原発事故で運休。運休区間は大半が帰還困難区域にある。16年3月に始まった復旧工事は再開目標までの折り返し地点に差し掛かり、これまでに7割で除染を終えた。

 公開されたのは、最も空間放射線量が高かった大野(大熊町)-双葉(双葉町)間。大野駅北側には事故直後…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです