メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たまてばこ

「助けて」と言おうよ

 壇上で繰り広げられる軽妙なやり取りに、会場は何度も笑いに包まれた。5日、北九州市であった元ホームレスの語り聞かせグループ「生笑(いきわら)一座」の公演。座長のNPO法人「抱樸(ほうぼく)」理事長、奥田知志さん(54)はメンバーの男女5人を指し示して観客に語りかけた。「どんなに苦しくても生きてさえいれば笑える日が来る。この人たちが生き証人です」

 その一人、松尾寿幸さん(65)は長崎県島原市の中学を卒業後、外国航路の船員など仕事を転々とした。し…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文705文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]