メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひょうごを食べる・農の現場から

/74 神戸市西区・イチゴ 完熟をとれたてで味わって /兵庫

 神戸市西区押部谷町のイチゴは全て完熟で出荷当日に摘んだもの。熟したイチゴは傷まないよう丁寧にパック詰めしてJAの直売所に出荷します。「収穫してから2時間以内が一番おいしい。ほ場と直売所がすぐ近くなので、とれたてを味わってもらえます」と押部谷町の生産者、上谷敬子さん(58)は話します。

 上谷さんはイチゴを栽培して30年のベテラン。県内の先進的なイチゴ農家が参加する「兵庫県ハウスいちご研究会」に所属し、栽培技術を磨いています。10年程前、「紅ほっぺ」という品種に初めて出あい、甘みと酸味のバランスの良さ、きれいな三角の形と果肉の赤い色に衝撃を受けたそうです。

 直売所が産地の近くにあるというメリット以外に、いろいろな品種を楽しめることも押部谷町のイチゴの魅力…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文707文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです