メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

38歳 まだ投げ続ける 井川慶が貫く「野球道」

兵庫ブルーサンダーズの若手とトレーニングに励む井川慶(右端)=兵庫県三田市で2017年7月、菅知美撮影

栄光と挫折味わい

 寒空の下で黙々とボールを投げ続けていた。プロ野球春季キャンプが沖縄や宮崎など温暖な地で始まった今月初旬。兵庫県三田市の市立球場に、白い息を吐きながらキャッチボールをする男の姿があった。ゆったりとしたフォームから力強いボールを相手の胸元に投げ込む。

 元阪神タイガースの井川慶(けい)(38)。関西の人気球団を2度のリーグ優勝に導くなど日本球界で一時代を築いた左腕は「ずっとプロの世界にいたので、いつまでにどうすればいいのか心得ている。まあ、気長に連絡を待ちますよ」と笑顔を見せた。

 阪神、米大リーグ・ヤンキース、オリックスと海を挟んで3球団を渡り歩き、日米通算95勝を挙げた。20…

この記事は有料記事です。

残り5547文字(全文5845文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです