メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

発酵滋養飲料「みき」 ヨーグルトのような奄美の味

大鍋で発酵のときを待つ「みき」=鹿児島県龍郷町の高野食品で

 舌の記憶は、ときを経てなぜか鮮明になる。奄美大島(鹿児島県)出身の神奈川県鎌倉市の書道家、結城大二郎さん(71)にとって、それは奄美特有の飲み物「みき」であるらしい。「子どものころ、よく母が作ってくれた牛乳かカルピスのような白い飲み物です」。メールには「(島では手に入りますが)腐りやすいのか、内地(本土)には出ていません」とも書かれてあった。かすんだ思い出の奥から、にじみ出るような故郷の味である。

 「みき」とは、どんな飲み物なのか。奄美の郷土料理を紹介する「新版シマ ヌ ジュウリ-奄美の食べもの…

この記事は有料記事です。

残り1424文字(全文1675文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]