メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

藻谷浩介・評 『銀行不要時代 生き残りの条件』=吉澤亮二・著

 (毎日新聞出版・1620円)

変化への覚悟、組織からの自立を

 銀行が収益基盤を失いつつある今の時代に、生き残りに向けやるべきことを示した本である。……と、書名をなぞっただけで本旨がわかるのは、ずれたネーミングの横行する今の時代には珍しいことだ。

 著者は、国内各行の信用力の格付に多年従事してきたアナリストだ。分析対象である銀行が「不要」になれば、本当は困る。だが分析に手心を加えるなどすれば、何かあった際に責任を問われる立場だ。だからこそ本書では、厳しい数字を赤裸々に示しながら、煽(あお)らず怒らず、しかし静かな熱情を込めて銀行側の自己変革を促している。著者は最後の方で、「教育を受けた英国人が総じて持っている美点である『keep calm(平静を保つ)』という性格」に言及しているが、同じものを自身も身に付けているのだろう。

 振り返れば、北海道拓殖銀行などが経営破綻し、みるみる統合が進んで銀行の数が減って行ったのは、もう2…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1476文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]