メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

荒川洋治・評 『単純な生活』=阿部昭・著

 (小学館・702円)

身近な情景と事物への視線

 ひとりの人間が、ふだん通りの日を過ごす。素材もつくりも単純なのに、特別な光を放つ小説である。

 阿部昭(一九三四-一九八九)は広島生まれ。一歳のとき湘南・藤沢へ移り、終生同地で暮らす。元海軍大佐の父とその家族を描く『司令の休暇』(一九七一)、短編集『千年』(一九七三・毎日出版文化賞)、『人生の一日』(一九七六)など幾多の傑作を残し、平成元年、五四歳で亡くなった。全集に『阿部昭集』全一四巻(岩波書店)。

 この『単純な生活』は一九八〇年から二年半『婦人之友』に連載、一九八二年、四七歳のとき刊行された。全…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1487文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]