メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

荒川洋治・評 『単純な生活』=阿部昭・著

 (小学館・702円)

身近な情景と事物への視線

 ひとりの人間が、ふだん通りの日を過ごす。素材もつくりも単純なのに、特別な光を放つ小説である。

 阿部昭(一九三四-一九八九)は広島生まれ。一歳のとき湘南・藤沢へ移り、終生同地で暮らす。元海軍大佐の父とその家族を描く『司令の休暇』(一九七一)、短編集『千年』(一九七三・毎日出版文化賞)、『人生の一日』(一九七六)など幾多の傑作を残し、平成元年、五四歳で亡くなった。全集に『阿部昭集』全一四巻(岩波書店)。

 この『単純な生活』は一九八〇年から二年半『婦人之友』に連載、一九八二年、四七歳のとき刊行された。全…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
  3. 渋谷 ドリームアミさんに歓声 文化村通りで路上ショー
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです