メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

脊椎炎治療後も痛み取れず=答える人・山本精三部長(虎の門病院・整形外科)

 Q 脊椎炎治療後も痛み取れず

 化膿(かのう)性脊椎(せきつい)炎と言われ治療しましたが、下肢の痛みが治まりません。慢性炎症性脱髄性多発神経炎、脊柱管狭窄(きょうさく)症もあると診断されています。(大分県、女性、82歳)

 A 負担ない手術で改善

 化膿性脊椎炎は、背骨(脊椎)を構成する椎骨やその間にある椎間板が細菌感染を起こし発症します。細菌などの病原体が侵入すると、発熱や炎症による激しい痛みが起こり、背骨を動かせなくなることもあります。糖尿病の人や75歳以上の高齢者に多い病気です。

 まずは手術をせず、安静にして抗生剤を投与しますが、効果がなければ洗浄や膿(うみ)を取り除く手術をし…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文929文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]