メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島で咲け宇宙神代桜 北杜市が浪江、富岡に植樹 2年連続「再生シンボルに」 /山梨

北杜市の渡辺英子市長(中央)から寄贈された宇宙神代桜の苗木を手にする浪江町の宮口勝美副町長(右)と富岡町の滝沢一美副町長=北杜市役所で

 北杜市などは、このほど同市武川町の実相寺にある日本三大桜の一つ「山高神代桜」の苗木を、東日本大震災復興支援プロジェクトの一環で、被災した福島県の浪江、富岡両町に贈った。宇宙から帰還した山高神代桜の種を「宇宙神代桜」と名付け、被災地には2年連続で植樹される。【加古ななみ】

 プロジェクトは「きぼうの桜計画」。一般財団法人「ワンアース」(茨城県)が、復興のシンボルにしてもらおうと宮城、岩手、福島の被災地に桜を植えている。

 樹齢約2000年とされる山高神代桜の種は2008年に宇宙に打ち上げられ、約8カ月間保管された。地球…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文537文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです