メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

開明(埼玉県)/上 冬の墨すり可哀そう

 <since 1898>

すらずに使える高品質な墨汁追い求め1世紀

 小学生の頃、書写の授業で使った墨汁を覚えているだろうか。その容器と、容器に書かれた文字を見ると多くの人が思い出すに違いない「開明墨汁」は1898(明治31)年、岐阜の山村の小学校で国語の教員をしていた田口精爾(せいじ)の手によって生まれた。

 精爾は73年生まれ。習字の時間、「子どもたちが寒い冬にかじかんだ手で墨をするのは可哀そうだ」「墨を…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです