メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京マラソン

設楽、16年ぶり日本新 2時間6分11秒で2位

28キロ付近、先頭集団で力走する設楽(右端)と井上(左から4人目)、チュンバ(同5人目)=代表撮影

 東京マラソンは25日、東京都庁から東京駅前までの42・195キロのコースで行われ、設楽悠太(26)=Honda=が2時間6分11秒の日本新記録を樹立し、2位に入った。従来は高岡寿成(カネボウ)が2002年シカゴでマークした2時間6分16秒で16年ぶりに5秒更新。優勝はディクソン・チュンバ(ケニア)で2時間5分30秒。

 今大会は、19年秋以降に開催される20年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(M…

この記事は有料記事です。

残り3306文字(全文3516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです