メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京マラソン

男子、日本記録 双子の兄を追い続け 設楽「2人で東京五輪」

16年ぶりに日本新記録を更新した設楽=東京都千代田区で2018年2月25日、渡部直樹撮影

 16年ぶりに壁を突き破った。25日にあった東京マラソンで26歳の設楽悠太(Honda)が従来のタイムを5秒更新する2時間6分11秒の日本新記録を樹立。目標タイムを2時間9分以内と掲げて臨んだだけに、「(日本記録は)狙っていなかったが、目標を達成できてよかった」。淡々と語りながらも、口元を緩めた。

 最も苦しくなるレース終盤、設楽は給水所で、自らのボトルをつかんだ。ボトルには輪っかになった取っ手がついており、取っ手に右腕を通したまま走った。あまり見ない光景だが、ボトルには家族からの「ラスト ファイト」というメッセージが書かれていた。「(両親ら)家族が僕のために手作りし…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです