メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

理化学研究所

脳内発光システムを開発 仕組み解明に期待

 動物を生かしたまま脳内の活動を可視化できる新たな生物発光システムを開発したと、理化学研究所の宮脇敦史チームリーダーなどのグループが米科学誌サイエンスに発表した。従来の発光システムの最大約1400倍の明るさがあり、脳の仕組みの解明に応用できるという。

 脳は血液からの異物侵入を防ぐ仕組み(血液脳関門)に守られており、異物を送りこむのが難しい。グループは、ホタルが光る仕組みである「基質」と「酵素」を組み合わせた発光システムに着目…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです