メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイトメイヤー

欧州「夜の街づくり」/2 多様性、昼にもつなげ

アムステルダムにナイトメイヤーをつくった元市議のマルコ・デ・フーデさん=アムステルダムで2018年1月26日、八田浩輔撮影

 アムステルダムにナイトメイヤー(夜の市長)をつくったのは1人の政治家だ。「役所の職員も選挙で選ばれた人たちもナイトライフの知識はほとんどなかった」。市の中央区で区議だったマルコ・デ・フーデさん(52)は15年前を振り返る。今や五輪種目に推す声もあるポールダンスについて、当時の市には性的興行として規制する動きがあった。ナイトカルチャー(夜の文化)を巡り行政と夜の事業者との確執が強まっていた。

 「夜働く人の代表を立てて政治と行政に届ける必要がある」と考えたデ・フーデさんは、2003年に個人で…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文888文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感
  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです