メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイトメイヤー

欧州「夜の街づくり」/2 多様性、昼にもつなげ

アムステルダムにナイトメイヤーをつくった元市議のマルコ・デ・フーデさん=アムステルダムで2018年1月26日、八田浩輔撮影

 アムステルダムにナイトメイヤー(夜の市長)をつくったのは1人の政治家だ。「役所の職員も選挙で選ばれた人たちもナイトライフの知識はほとんどなかった」。市の中央区で区議だったマルコ・デ・フーデさん(52)は15年前を振り返る。今や五輪種目に推す声もあるポールダンスについて、当時の市には性的興行として規制する動きがあった。ナイトカルチャー(夜の文化)を巡り行政と夜の事業者との確執が強まっていた。

 「夜働く人の代表を立てて政治と行政に届ける必要がある」と考えたデ・フーデさんは、2003年に個人で…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文888文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです