メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1人自転車部

夢へ走る 全国制した山梨の高3「地元で五輪に」

学校から10キロ離れた自宅に自転車で戻る山本哲央さん=山梨県立韮崎高校で

 山梨県韮崎市の高校に、たった1人で活動する自転車部員がいる。通学路の行き来で脚力を磨き、ロードレースの全国大会を制した県立韮崎高校3年の山本哲央(てつお)さん(17)=同県甲斐市。練習中の事故で負傷し、やめる選択も頭をよぎったが、山梨は2020年東京五輪・ロードレース会場の有力候補地。「故郷で日の丸を背負って走りたい」とペダルを踏む。

 中学時代は野球部だったが、自転車に興味があった。進学した高校に自転車競技部はなかったが、通学に使う…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文890文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです