メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

枝葉に果実あり=玉木研二

 <ka-ron>

 東京の朝は早いが、26日は雲が覆い、風が冷たかった。

 うっすらと天空がしらみ始めた午前6時過ぎ。渋谷区宇田川町にある2・26事件の慰霊碑には、すでに花が供えられ、1箱の「ピース」、なみなみと飲料をたたえたグラスが置かれていた。

 1936(昭和11)年2月26日未明、雪の中を陸軍「皇道派」青年将校らが約1500の兵を率い首相官邸などを襲撃、重臣らを殺傷した。

 私利私欲の権門におごり、国民を苦しめ国を危うくする君側(くんそく)の奸(かん)を倒し「昭和維新」を…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1020文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです