メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる「国民国家」

2018イタリア総選挙/上 移民流入、高まる不満 4年で62万人、総選挙の主要争点

海沿いには移民が不法占拠する住宅が点在している=イタリア南部カステルボルトゥルノで12日

 「移民流入を止めなければ欧州はここのように無法地帯になる」。イタリア南部ナポリ近郊の地中海に面したカステルボルトゥルノ。市長を3期務めたアントーニオ・スカルツォーネさん(63)は苦々しげに言った。

 市内に入るとアフリカ系移民の多さに驚かされる。中には麻薬密売や売春目的で路上にたむろする者もいる。スカルツォーネさんによると、2万3000人の市の人口に対し推定2万人の不法移民が暮らす。

 移民の流入開始は1980年代にさかのぼる。80年にナポリ近郊は大地震に見舞われ、約2900人が犠牲…

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1275文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  4. 今週のあなたには帰る家がある 最終話 中谷美紀が“夫婦交換宣言”! 宿敵・木村多江と最後の戦い…
  5. 転落死 1歳児、3階出窓から? 大阪のマンション

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]