メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

教員が著作権の知識向上を 関西3教育大が志望学生向け講座

教育現場での著作権利用についての遠隔授業で、スクリーンの向こうの学生に向かって語りかける久保田裕さん=大阪府柏原市で

 学校には、作文や絵など、子供の「著作物」があふれている。また、人気のユーチューバーのように歌や動画を子供がインターネットに配信することも簡単で、教員にとって著作権の知識の必要性は高まっているが、授業での利用は著作権法の例外として認められるため、無自覚になりがちだという。教育現場での著作権利用に必要な内容を学ぶ「教育著作権検定」が2月に始まり、大阪、京都、奈良の3教育大学が教員志望の学生向けの特別講座を実施した。

この記事は有料記事です。

残り1585文字(全文1793文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです