メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『極夜行』角幡唯介・著

雑念と信念がぶつかる極限の果てに見たもの

◆『極夜行』角幡唯介・著(文藝春秋/税別1750円)

 冒険と呼ばれる行為の本質は「現人間界のシステムの外側に飛び出すこと」と記す探検家が選んだのは、太陽が一切昇らない極夜(きょくや)の北極を、橇(そり)を引く犬と共に歩き続けること。人工的な照明=疑似太陽に依存した私たちが体験したことのない、根源的な光を求めるために闇に浸る。4カ月もの間、極寒の暗闇に身体をあずけた記録が本書だ。

 自らの位置を確認する唯一の機器である六分儀を、出発してわずか15キロの地点で失い、地図とコンパスの…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文915文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]