メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『極夜行』角幡唯介・著

雑念と信念がぶつかる極限の果てに見たもの

◆『極夜行』角幡唯介・著(文藝春秋/税別1750円)

 冒険と呼ばれる行為の本質は「現人間界のシステムの外側に飛び出すこと」と記す探検家が選んだのは、太陽が一切昇らない極夜(きょくや)の北極を、橇(そり)を引く犬と共に歩き続けること。人工的な照明=疑似太陽に依存した私たちが体験したことのない、根源的な光を求めるために闇に浸る。4カ月もの間、極寒の暗闇に身体をあずけた記録が本書だ。

 自らの位置を確認する唯一の機器である六分儀を、出発してわずか15キロの地点で失い、地図とコンパスの…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文915文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  2. 石塚運昇さん 食道がんのため68歳で死去 「ポケモン」ナレーション 「ジョジョ」ジョセフなど
  3. アメフット 日大の宮川選手が復帰を検討 チーム訪れ謝罪
  4. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  5. 富士山測候所 日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです