メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

憲法改正国民投票、誰もが納得するルールは 「絶対得票率」が疑問を払拭

与党などの賛成多数で国民投票法が可決、成立した参院本会議。最低投票率の是非についての議論は置き去りのままだ=国会内で2007年5月14日、長谷川直亮撮影

 国民投票にかかれば、憲法改正は意外と簡単? 改憲が認められる条件は「国民投票で過半数の賛成」。投票率が低ければ「過半数」のハードルは当然下がる。投票率40%なら、全有権者の20%強の「賛成」で改憲が実現する。この仕組みのままでいいのだろうか。【小林祥晃】

 いきなり面食らうかもしれないが、次の問題を考えてほしい。

 憲法改正が認められるには、国民投票で「過半数の賛成」を得る必要がある。より民意を反映させようともう…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです