メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波のまにまに

硬派出版人の憂憤=戸田栄

 ヘンなおじさんには多少の人気があり、一杯どうやと誘われる。その日は、いつも和服の上にどかんといかつい顔をのせている藤原書店の社長から。漫画「美味(おい)しんぼ」に主人公の恐ろしげな父親が出てくるが、かなり似ている。俳優の梅宮辰夫さんが水戸黄門の格好をしている感じでもある。

 人情酒場を好む。上六で会おうといい、ハイハイタウンへ行きたいのかと思ったら、珍しく喫茶店だった。着くと、仕事の集まりの後で中国通の男性が残っていた。研究が目をつけられ、中国当局に拘束されたこともあるという。

 中国人観光客が土産物を幸せそうに抱える姿は、関西でもよく目にする。そんな光景とは異質の思想統制の現…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文897文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. 北朝鮮 地下核実験場の坑道3カ所を爆破 北東部の豊渓里

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]