メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1人自転車部

韮崎高・山本哲央さん「地元五輪で」走りたい 通学で脚力磨き全国制覇 夢へ、ペダル踏む /山梨

学校から10キロ離れた自宅に自転車で戻る山本哲央さん=県立韮崎高校で

 韮崎市の高校に、たった1人で活動する自転車部員がいる。通学路の行き来で脚力を磨き、ロードレースの全国大会を制した県立韮崎高校3年の山本哲央さん(17)=甲斐市。練習中の事故で負傷し、やめる選択も頭をよぎったが、山梨は2020年東京五輪・ロードレース会場の有力候補地。「故郷で日の丸を背負って走りたい」と日々ペダルを踏んでいる。【加古ななみ】

 中学時代は野球部だったが、個人で競う自転車に興味があった。しかし進学した韮崎高に自転車競技部はなく…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1004文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  4. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです