メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐路・姫路のまちは

ヤマトヤシキ閉店/3 変わる消費行動 姫路商工会議所専務理事・吉田裕康さん /兵庫

吉田裕康さん(63)

 姫路の財界は、ヤマトヤシキ姫路店閉店をどう見ているのでしょうか。姫路商工会議所の吉田裕康専務理事は、危機感を持ちながらも「これまで(山陽百貨店と)二つも百貨店が残っていた姫路には消費力がある」と地域の底力を強調しています。

 ◆影響を調査

 ヤマトヤシキは、街の回遊性の拠点だった。ぽっかり穴があると、商店街への影響がある。建物の取り壊しだけでも時間がかかるだろう。ヤマトヤシキから閉店後の情報が出ていないのは、決まっていないからだと認識している。商店街に危機感があるのは確かだ。商工会議所はヤマトヤシキ閉店の影響を調べるため、中心部の通行量調査を始めた。閉店後の通行量と比較する。

 商工会議所はヤマトヤシキとコンタクトをとり、建て替えるまでの間の地域活性化に協力していただけるよう…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文888文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです