メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物は語る

当時13歳、森脇瑶子さんの遺品 兄「妹の分身 未来へ」 原爆資料館へ制服など寄贈 /広島

森脇瑶子さんが原爆投下当日に着ていた制服。作業前に脱いでいたとみられる=広島市中区で、山田尚弘撮影

 広島への原爆投下の前日まで日記をつづり、建物疎開作業中に死亡した県立広島第一高等女学校(県女、現広島皆実高)1年6組の森脇瑶子さん(当時13歳)が被爆当日に着用していた制服やひしゃげた弁当箱など5種類の遺品を、瑶子さんの兄で被爆者の細川浩史さん(90)=中区=がこのほど原爆資料館(中区)に寄贈した。細川さんは「幼い命が犠牲になるのが戦争の結末。資料館に来る若い世代に、被害を自分の身に置き換えて考えてほしい」と寄贈を決意したという。

 県女の1年生約220人は、1945年8月6日、爆心地から約700メートルの土橋(現中区)付近で建物…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです