メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物は語る

当時13歳、森脇瑶子さんの遺品 兄「妹の分身 未来へ」 原爆資料館へ制服など寄贈 /広島

森脇瑶子さんが原爆投下当日に着ていた制服。作業前に脱いでいたとみられる=広島市中区で、山田尚弘撮影

 広島への原爆投下の前日まで日記をつづり、建物疎開作業中に死亡した県立広島第一高等女学校(県女、現広島皆実高)1年6組の森脇瑶子さん(当時13歳)が被爆当日に着用していた制服やひしゃげた弁当箱など5種類の遺品を、瑶子さんの兄で被爆者の細川浩史さん(90)=中区=がこのほど原爆資料館(中区)に寄贈した。細川さんは「幼い命が犠牲になるのが戦争の結末。資料館に来る若い世代に、被害を自分の身に置き換えて考えてほしい」と寄贈を決意したという。

 県女の1年生約220人は、1945年8月6日、爆心地から約700メートルの土橋(現中区)付近で建物…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文987文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです