メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

震災支援が変えた=中村秀明

 <sui-setsu>

 東日本大震災の後、ロート製薬の呼びかけで異例の奨学金「みちのく未来基金」が生まれた。

 震災で親を亡くした子を対象にした、返済がいらない「給付型」で、他の奨学金との併用も認める。そして、大学進学ならば4年、専門学校で目指す職業の資格取得に2年や3年かかるなら、その間の学費(入学金と授業料、年間上限300万円)を全額支給するのが最大の特徴である。

 たとえば、専門学校で2年学ぶ人ならば数百万円、私大の薬学部に進み薬剤師になりたい人は6年間で100…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文992文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]