メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

朴壽南さん=慰安婦問題を追い続ける映画監督

朴壽南(パク・スナム)さん(82)

 「私だったかもしれないのです」。在日朝鮮人2世の監督は、最新作「沈黙 立ち上がる慰安婦」に込めた思いを語る。

 戦時中の日本で育ち、学校では天皇のために戦争に協力することを教え込まれた。そんな自分と年も近い元慰安婦が重なって見えるという。

 戦後、民族差別を意識するようになった。在日朝鮮人少年死刑囚との往復書簡を1冊の本「罪と死と愛と」にまとめ、表現活動を始めた。

 「歴史から消された在日の体験。それを掘り起こすのが私の仕事」

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文680文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  4. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  5. 暴行 3歳長女に 容疑の母ら逮捕 県警、稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]