メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「ゲド戦記」シリーズを日本語に 清水真砂子さん(76) 30年かけ翻訳「いい旅」

清水真砂子さん

 壮大なファンタジー作品「ゲド戦記」(全6巻)の作者、アーシュラ・K・ル・グウィンさんが先月、88歳で亡くなった。作品を日本語に訳した清水真砂子さんに、ル・グウィンさんの人柄や翻訳について聞いた。【聞き手・坂根真理】

 彼女に実際に会ったのは、「ゲド戦記」を全て訳し終えた2003年の夏です。米国オレゴン州ポートランドに彼女は住んでいました。お会いして最初に黙って案内してくれたのは戦時中の日系人の収容所跡でした。市民としての誠実さを見る思いがしました。

 会う前から親交はあったんです。1992年の夏かな、ル・グウィンは英オックスフォード大で講演をしまし…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1010文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです