メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第73回びわ湖毎日マラソン

環境キャンペーン 食べて作って、エコ満喫

 早春の琵琶湖畔を駆け抜ける「第73回びわ湖毎日マラソン大会」では、今年も市民団体やボランティアグループの協力で環境キャンペーンが実施される。3月4日の大会当日は午前10時から午後3時半まで、レースの発着点となる皇子山陸上競技場(大津市御陵町)の北側広場に「びわ湖環境ふれあいテント村」を開設する。空き缶やペットボトル、食用油の回収をしている市民団体が活動を紹介するブースを出展するほか、地産地消をテーマに地元の食材を使った食べ物を提供するブースも軒を連ねる。【衛藤達生】

この記事は有料記事です。

残り2107文字(全文2343文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです