メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第73回びわ湖毎日マラソン

環境キャンペーン 食べて作って、エコ満喫

 早春の琵琶湖畔を駆け抜ける「第73回びわ湖毎日マラソン大会」では、今年も市民団体やボランティアグループの協力で環境キャンペーンが実施される。3月4日の大会当日は午前10時から午後3時半まで、レースの発着点となる皇子山陸上競技場(大津市御陵町)の北側広場に「びわ湖環境ふれあいテント村」を開設する。空き缶やペットボトル、食用油の回収をしている市民団体が活動を紹介するブースを出展するほか、地産地消をテーマに地元の食材を使った食べ物を提供するブースも軒を連ねる。【衛藤達生】

この記事は有料記事です。

残り2107文字(全文2343文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです