メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

/2 人とつながり心救われる

塩谷歩波さんが描いた水彩画「小杉湯図解」。柔らかいタッチが人気だ=小杉湯提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 風呂なしアパートに住み、銭湯のある暮らしを体験するプロジェクト「銭湯ぐらし」が、東京都杉並区の「小杉湯」の隣で繰り広げられた。解体前のアパート11室で、ミュージシャンや建築家らが才能を生かして銭湯の魅力を発信した。

 ●ライブやアートも

 小杉湯は戦前の1933年創業。3代目の平松佑介さん(37)は経営を引き継ぐにあたり、父茂さん(66)が隣接地で所有していた賃貸アパートを取り壊し、自宅を新築すると決めた。解体予定は今年2月。計画より早く、昨年1月までに住民が退去したため、アパートが空き家状態に。そこで、1年間限定の体験プロジェクトを企画。銭湯好きの20~30代の若者が無料で入居し、銭湯を活用した事業を展開することになった。

 営業時間外に銭湯ならではの音響を使ってライブ演奏をする「歌う銭湯」、アパートの一室にアーティストが…

この記事は有料記事です。

残り1632文字(全文2013文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです