メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

/2 人とつながり心救われる

塩谷歩波さんが描いた水彩画「小杉湯図解」。柔らかいタッチが人気だ=小杉湯提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 風呂なしアパートに住み、銭湯のある暮らしを体験するプロジェクト「銭湯ぐらし」が、東京都杉並区の「小杉湯」の隣で繰り広げられた。解体前のアパート11室で、ミュージシャンや建築家らが才能を生かして銭湯の魅力を発信した。

 ●ライブやアートも

 小杉湯は戦前の1933年創業。3代目の平松佑介さん(37)は経営を引き継ぐにあたり、父茂さん(66)が隣接地で所有していた賃貸アパートを取り壊し、自宅を新築すると決めた。解体予定は今年2月。計画より早く、昨年1月までに住民が退去したため、アパートが空き家状態に。そこで、1年間限定の体験プロジェクトを企画。銭湯好きの20~30代の若者が無料で入居し、銭湯を活用した事業を展開することになった。

 営業時間外に銭湯ならではの音響を使ってライブ演奏をする「歌う銭湯」、アパートの一室にアーティストが…

この記事は有料記事です。

残り1632文字(全文2013文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  5. コンビニ駐車場 男性刺される 殺人未遂容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]