メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおり運転

5台絡む事故、19歳学生逮捕 愛知県警

 愛知県岡崎市の東名高速道路で約4キロにわたって先行車にあおり運転をした上、追い越し車線上で急停止させたとして、愛知県警高速隊は27日、岐阜県各務原市の私立大学1年の少年(19)を暴行容疑で逮捕した。急停止で計5台の車が絡む多重衝突事故に発展しており、高速隊が詳しい経緯を調べている。

 逮捕容疑は昨年11月4日午前9時半ごろ、岡崎市の東名高速上り線を乗用車で走行中、前方の会社員男性(50)=愛知県豊田市=の乗用車に急接近や蛇行運転、パッシングなどのあおり行為を繰り返した後、追い越し車線上で男性の車の直前に割り込んで急減速し、男性の車を急停止させたとしている。

 少年は「急停止させるほどの減速をした覚えはない」と容疑を否認しているという。

 高速隊によると、少年の車に急停止した男性の車が追突し、そこに後方から来た3台が相次いで追突した。けが人はいなかった。

 現場は岡崎インターチェンジ(IC)-音羽蒲郡IC間で片側2車線の直線。追い越し車線を走っていた少年は、走行車線から大型車を追い越そうとした男性の車が自車の前に入ってきた後、約4キロにわたってあおり行為を繰り返したという。

 その後、走行車線は大型車が走行していたため、高速上の左側にあるバス停の減速車線を使って男性の車の前に割り込み、ほぼ停止状態まで急減速したとされる。高速隊は、複数のドライブレコーダーの映像などから少年を割り出した。

 警察庁はあおり運転について今年1月、直接の暴力行為がなくても刑法の暴行容疑での立件を検討するよう全国の警察に指示している。【道永竜命】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです