メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

西村一幸の飛行記録(2) 地下鉄サリン事件

地下鉄日比谷線の電車が停車した築地駅付近の地上は、乗客らの対応ををするために集まった東京消防庁の救急車などで埋まっていた=東京都中央区築地で1995年3月20日、本社ヘリから山下浩一撮影

 毎日新聞航空部の出社時間は通常、午前9時。パイロットも整備士も、そして写真記者も、その時間に集合する。1995年3月20日朝。西村は当時住んでいた千葉県船橋市の自宅を出た。地下鉄東西線で大手町駅まで行き、接続するJR東京駅から山手線に乗り換え、浜松町駅を経由して格納庫のある羽田空港に向かうのがいつものルートだ。

 午前9時少し前に格納庫に着き、テレビをつけた。「地下鉄でガス漏れか。複数の負傷者発生」というテロッ…

この記事は有料記事です。

残り2344文字(全文2551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです