メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

注目集めた一門制度=武藤久

 「五輪が始まってよかった」と大相撲関係者がほっとしていたのはメダルラッシュに沸いた平昌冬季五輪のさなか。

 不祥事を引きずりながらの1月の初場所、そのあとの来季の体制を決める日本相撲協会の理事候補選挙も終わったが、その間票数予想などテレビの露出が続いた。各局とも同じような中身で食傷気味だったという声も聞かれた。

 さらに理事候補選で落選した貴乃花親方のテレビなどでの発言も関係者には違和感があったようだ。「貴乃花…

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1025文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 米朝 遺骨捜索再開で合意
  4. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  5. 西日本豪雨 公立小中高の32校、早期再開を断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]