メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 昭和歌謡に雨の歌が多い気がして、元日本レコード大賞審査員、塩沢実信(みのぶ)氏の労作「昭和歌謡100名曲」をめくってみた。5冊にわたり計500曲収めているが、タイトルにある単語を追うと「東京」という地名のほかは「雨」「夜」「恋」の3語が目立つ。

 アトランダムに曲名を挙げておくと、「雨に咲く花」「アカシアの雨がやむとき」「雨がやんだら」「氷雨」「遣(や)らずの雨」「雨の慕情」……といった調子で、ずばり「雨」もあれば「大阪しぐれ」などのように雨でくくれる歌もある。

 それにしても、なぜ雨なのか。和歌で「長雨」という言葉が用いられていると、たいてい「眺め」が掛けられ…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです