メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 昭和歌謡に雨の歌が多い気がして、元日本レコード大賞審査員、塩沢実信(みのぶ)氏の労作「昭和歌謡100名曲」をめくってみた。5冊にわたり計500曲収めているが、タイトルにある単語を追うと「東京」という地名のほかは「雨」「夜」「恋」の3語が目立つ。

 アトランダムに曲名を挙げておくと、「雨に咲く花」「アカシアの雨がやむとき」「雨がやんだら」「氷雨」「遣(や)らずの雨」「雨の慕情」……といった調子で、ずばり「雨」もあれば「大阪しぐれ」などのように雨でくくれる歌もある。

 それにしても、なぜ雨なのか。和歌で「長雨」という言葉が用いられていると、たいてい「眺め」が掛けられ…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです