メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 昭和歌謡に雨の歌が多い気がして、元日本レコード大賞審査員、塩沢実信(みのぶ)氏の労作「昭和歌謡100名曲」をめくってみた。5冊にわたり計500曲収めているが、タイトルにある単語を追うと「東京」という地名のほかは「雨」「夜」「恋」の3語が目立つ。

 アトランダムに曲名を挙げておくと、「雨に咲く花」「アカシアの雨がやむとき」「雨がやんだら」「氷雨」「遣(や)らずの雨」「雨の慕情」……といった調子で、ずばり「雨」もあれば「大阪しぐれ」などのように雨でくくれる歌もある。

 それにしても、なぜ雨なのか。和歌で「長雨」という言葉が用いられていると、たいてい「眺め」が掛けられ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  3. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  4. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき
  5. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです