メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 昭和歌謡に雨の歌が多い気がして、元日本レコード大賞審査員、塩沢実信(みのぶ)氏の労作「昭和歌謡100名曲」をめくってみた。5冊にわたり計500曲収めているが、タイトルにある単語を追うと「東京」という地名のほかは「雨」「夜」「恋」の3語が目立つ。

 アトランダムに曲名を挙げておくと、「雨に咲く花」「アカシアの雨がやむとき」「雨がやんだら」「氷雨」「遣(や)らずの雨」「雨の慕情」……といった調子で、ずばり「雨」もあれば「大阪しぐれ」などのように雨でくくれる歌もある。

 それにしても、なぜ雨なのか。和歌で「長雨」という言葉が用いられていると、たいてい「眺め」が掛けられ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです