メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここであった戦争

「ギャラリーいろはに」の防空壕 記憶、語り継ぐために /大阪

防空壕の入り口に立つ北野庸子さん。作品展示に利用されているのが平和な現在ならでは=堺市堺区甲斐町東1丁のギャラリーいろはにで、亀田早苗撮影

 戦時中の家庭用防空壕(ごう)が堺市堺区甲斐町東1丁の「ギャラリーいろはに」に残されている。「大阪戦争モノ語り」(清風堂書店)の著者、森田敏彦さん(75)に「現存するものは非常に珍しい」と教えてもらって出かけた。

 南海堺、堺東駅の中間辺りにある「堺山之口商店街」の一角。近くには与謝野晶子生家跡や千利休屋敷跡もある。

 おしゃれな画廊内はこの日、65歳でデビューしたという現代アートの「イシバシオサム展」(7日まで)の…

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  3. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  4. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです