メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/2 コンビニで価値の連鎖

自身が容器改良を手がける総菜を手に取る中野=東京・池袋の「ファミリーマート」サンシャイン南店で、秋本裕子撮影

 2月16日、東京・池袋のコンビニエンスストア「ファミリーマート」サンシャイン南店。商品棚には、プラスチック容器入りのきんぴらゴボウやポテトサラダなどの総菜が並ぶ。「ここはオフィスが多いので、ランチのもう一品にと女性に好評なんです」。伊藤忠商事からファミマに出向中の中野綾美(29)は商品を手に取り、売れ筋などをチェックした。

 少子高齢化や共働き世帯の増加を背景に、弁当や総菜の売り上げは急拡大している。2017年4月にファミ…

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1174文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  2. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  3. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  4. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  5. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]