メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

新「戊戌の変法」の怪=坂東賢治

 <moku-go>

 清末の1898年、日清戦争敗北の衝撃から若き皇帝、光緒帝が改革派の若手官僚を登用し、明治維新をモデルに立憲君主制国家を目指した。「戊戌(ぼじゅつ)の変法」だ。日中合作でテレビドラマ化もされた浅田次郎さんの「蒼穹(そうきゅう)の昴(すばる)」に当時の権力劇がなまなましく描かれている。保守派の西太后(せいたいごう)の策謀で変法は「100日維新」に終わる。

 「戊戌の政変」と呼ばれるクーデターは明治維新の立役者として中国でも評価が高かった伊藤博文の訪中時に…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1048文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]