メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

情報源の証言拒み有罪 「取材の自由」揺るがす

石井清・朝日新聞記者の起訴を伝える毎日新聞1949年6月26日2面(東京本社最終版)

 記者の取材活動は、情報を寄せる人の協力がなければ成り立たない。だから取材源が誰なのかは明かせない。報道倫理の原則を揺るがす事件が戦後まもなく起きた。

 1949年4月26日の朝日新聞長野版に税務署員の汚職事件の特報が載った。「松本税務署員に逮捕状請求」。そのころの新聞は表裏2ページの日が多く、2面にあった地方版は社会、運動、ラジオ欄と同居していた。連載中の米国漫画「ブロンディ」と並んで載った特ダネの見出しは2段だが、当時としては大きな扱いだった。

 2日後、石井清・松本支局記者(当時25歳)は、まだ自治体警察だった松本市署の経済防犯課長に呼ばれた…

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1496文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]