メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

情報源の証言拒み有罪 「取材の自由」揺るがす

石井清・朝日新聞記者の起訴を伝える毎日新聞1949年6月26日2面(東京本社最終版)

 記者の取材活動は、情報を寄せる人の協力がなければ成り立たない。だから取材源が誰なのかは明かせない。報道倫理の原則を揺るがす事件が戦後まもなく起きた。

 1949年4月26日の朝日新聞長野版に税務署員の汚職事件の特報が載った。「松本税務署員に逮捕状請求」。そのころの新聞は表裏2ページの日が多く、2面にあった地方版は社会、運動、ラジオ欄と同居していた。連載中の米国漫画「ブロンディ」と並んで載った特ダネの見出しは2段だが、当時としては大きな扱いだった。

 2日後、石井清・松本支局記者(当時25歳)は、まだ自治体警察だった松本市署の経済防犯課長に呼ばれた…

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1496文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. 客や取引先から過剰なクレーム…広がる「カスタマーハラスメント」
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです