メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

はやぶさ2、未知への挑戦 6月にも小惑星到着 本番想定し訓練

 小惑星探査機「はやぶさ2」は順調に飛行を続け、6月下旬にも小惑星「リュウグウ」に到着する。たくさんのトラブルを乗り切った「はやぶさ」の後継機だけに、「想定外」を前提にした訓練が日々繰り返されている。はやぶさ2を支える現場を取材した。【阿部周一】

 ●シナリオなし

 「姿勢制御装置の温度がおかしい」。相模原市にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所。はやぶさ2のプロジェクトで、技術者のチームを率いる津田雄一プロジェクトマネジャー(42)が「異常」を伝えると、職員がパソコンに向かったり、探査機の状況を示すモニター画面を確認したりするなど動き出す。はやぶさ2のトラブルを想定した模擬訓練の一場面。原因や解決策を全員で探る訓練もあり、いつどんな「異常」が発生するのかといった予告やシナリオは一切ない。

 訓練は昨年1月に始まり、「リュウグウ着陸直前に、地球の送受信アンテナに雷が落ちた」「指令を送る唯一…

この記事は有料記事です。

残り1336文字(全文1741文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  4. 今週のあなたには帰る家がある 最終話 中谷美紀が“夫婦交換宣言”! 宿敵・木村多江と最後の戦い…
  5. 転落死 1歳児、3階出窓から? 大阪のマンション

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]