メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

エイズ感染、薬で予防 国内初の臨床研究 国際医療研究センター

 <ピックアップ>

 エイズウイルス(HIV)に感染するリスクの高い人に対して、治療目的で使われている抗ウイルス薬を毎日飲んでもらい、感染が予防できるかを調べる国内初の臨床研究を、国立国際医療研究センター病院(東京)が始めた。

 主な感染経路は性行為のため、コンドームの使用を呼び掛けるなどの対策が行われているが、新たなエイズ発症者と未発症の感染者の報告は年に計1500人前後で高止まり状態にある。海外では薬を予防に使う国が増えており、日本でも有用性を示し、感染拡大を防ぐ新たな手段としたい考えだ。

 この手法は「PrEP(プレップ)」と呼ばれ、抗ウイルス薬「ツルバダ」を毎日服用する。コンドームの破…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文715文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム事件 松本智津夫元代表の発言
  2. オウム事件 教団元代表の松本智津夫死刑囚の刑を執行
  3. 群馬・太田 利根川河川敷に「白いツバメ」 撮影に成功
  4. オウム 教祖四女「一人の人間として生きたい」 会見一問一答
  5. 皇室 小室圭さん今夏、渡米へ 法律の専門知識深める意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]