メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖畔から東京へ

3月4日・びわ湖毎日マラソン/中 雑草魂で伏兵開花 竹ノ内佳樹(25)=NTT西日本

びわ湖毎日に向けて練習する竹ノ内=久保玲撮影

 2回目のマラソンで脚光を浴びた。昨年12月の福岡国際で自己ベストの2時間10分1秒をマークして日本勢3番手の7位に入り、2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」進出を決定。伏兵から一転、主役の一人として臨む今大会は「MGCを前に経験を積みたかった。2時間10分を切りたいし、日本勢トップを狙う」と言い切る。

 エリートとは程遠い競技人生だ。大阪・関大一高で陸上を始めたが、全国高校総体には出場できず、日大でも…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです