メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

陸上 設楽悠、16年ぶり日本新 厚底靴、マラソンに革命 ナイキ開発、宇宙用素材で軽く

設楽悠太が東京マラソンで履いた厚底シューズ

 いま、常識を覆す革命的なランニングシューズがマラソン界を席巻している。軽さを求めた底の薄い靴が良いとされてきたが、厚底を履いた国内外の選手の好結果が相次ぐ。2月25日の東京マラソンでも着用した設楽悠太(Honda)が3回目のマラソンで16年ぶりの日本新記録を出し、注目が高まっている。【小林悠太】

 昨年は、ランニングシューズの開発に取り組む老舗足袋屋を描いたテレビドラマ「陸王」が人気を博したが、現実でもシューズの開発競争は白熱している。その中で注目されているのが、設楽らが使うスポーツメーカーのナイキが作った「ズームヴェイパーフライ4%」。靴底の厚さは、かかとが3センチ余。設楽は「最初に見た時は、これで走るなんて考えられなかった」と振り返る。

 開発の際、契約選手から寄せられた要望は「軽さ」と「クッション性」「推進力」という相反するものだった…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文962文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです