メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

程よい危機感を大切に=鮫島彩

 ポルトガルで開かれているアルガルベ・カップに日本女子代表として参加している。2019年女子ワールドカップ(W杯)フランス大会予選を兼ねたアジア杯(4月6日開幕)前の最後の大会であり、昨年12月の東アジアE-1選手権以来の試合。サイドを崩された場合でもセンターバックはぎりぎりまで引き出されないようにするなど、前の試合の反省点をどう生かし、どう修正するのかが問われる大会になる。

 このところ、代表でプレーする時の気持ちに変化が起きている。代表に入りたての頃は、どの選手もそうだと…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文781文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  2. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  3. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  4. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  5. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]