メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

阪神11R・チューリップ賞 (土曜競馬)

連勝濃厚 ラッキーライラック

 昨年の最優秀2歳牝馬ラッキーライラックが桜花賞に向け始動する。オルフェーヴルの初年度産駒で、新潟マイルのデビュー戦を上り33秒1の切れ味で勝ち上がると、力勝負の東京マイルのアルテミスSを最速の上がりを駆使して快勝。前走阪神ジュベナイルFは中団で様子を見ながら4コーナーで外へ。横綱相撲の競馬で1分34秒3の好時計をマークして完勝した。上がり33秒7は歴代でも最上位にランクされる優秀な数字だ。3カ月ぶりの実戦となるが、480キロ台の馬体は一段と張りを増し、栗東Cウッドチップコースでの追い切りの伸び脚もしっかりしていた。無傷の4連勝へ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  2. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  3. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです